手作りピザのこだわり

<ピザ生地>

 

ピザ生地はイタリア産小麦粉、ミネラル豊富な海塩、イースト、水のみで仕込みます。

一次発行のあと成形し、丸一日かけて低温で二次発酵させます。

 

 

 

 

 

<手伸ばし>

 

オーダーが入ってから一枚一枚、8割の大きさまで手で伸ばしていきます。

生地の状態を見極めながら、ふちの部分に空気を移動させます。

ふちに含まれる空気が焼いた時に膨らむようにします。

 

 

 

<トッピング>

 

オーダーに合わせて各具材をトッピングしていきます。

時間を掛けるとソースや具の水分で生地が破れやすくなる為、手早く行います。

 

 

 

 

<窯焼き>

 

トッピングが終わったら生地をもう一回り大きく伸ばして石窯に入れていきます。

石窯の温度は500℃、焼き時間は90秒。

高温で素早く焼く為、ふっくらとモチモチの食感のピザが焼きあがります。

 

 

 

 

<焼き上がり>

 

ふちの部分がふっくらと膨らみ適度な焦げ目がつきました。

熱々のピザは焼立てが一番!

イートインがお勧めですが、テイクアウトでも美味しくいただけます。